筋トレでワークアウト!

アーカイブ : グッズ

エクササイズバンド 効果

エクササイズバンド&自重トレは効果的【おすすめの筋トレ法】

こんにちは、麟太郎です。 筋トレで身体に負荷をかけるには様々な方法があります。 ・フリーウエイトやマシンを使う方法 ・自分の体重を利用する方法 ・スローな動作で運動する方法 ・血流を阻害して筋トレする方法 ・バンドやチューブの負荷を利用する方法など これらの中で僕が今まで試したことがない 方法がバンドやチューブの負荷を利用する...

倒立バー プッシュアップバー

プッシュアップバーよりも倒立バーがお勧めな3つの理由

こんにちは、麟太郎です。 今まで僕はプッシュアップバーを使って 逆立ち腕立て、逆立ちでの静止などの 練習をやっていました。 最近、全国大会に出場した経験のある 元体操部の子に筋トレに応用できる 体操の練習を教えてもらっています。 その子曰く、プッシュアップバーよりも 絶対に倒立バーを使ったほうが良いと 聞いたので、早速倒立バー...

プロテイン 持ち運び グッズ

プロテインの持ち運びに便利な方法やグッズを紹介!

こんにちは、麟太郎です。 筋トレとたんぱく質は切っても切れない 関係ですよね。 自宅でトレーニングできる環境の人は プロテイン摂取に関してもそれほど気を 使う必要もありません。 しかしジム通いの人にとってプロテインを 持ち運ぶのはちょっと面倒ですよね。 今回は僕がジムに通っていた時や 仕事の昼休みに自重トレをやっていた時に ど...

おすすめ コンプレッションウェア

コンプレッションウェアの適正サイズの選び方とおすすめは?

こんにちは、麟太郎です。 前回、『コンプレッションウェア着用で 得られる5つのメリット』について お伝えしました。 日ごろから運動を習慣にしている人の多くは 既にコンプレッションウェアを着用している と思います。 僕にとってもコンプレッションウェアなしで 運動すると不快だと感じるくらい手放せない アイテムになっていますね。 で...

コンプレッションウェア メリット

コンプレッションウェアを着用する事で得られる5つの効果

こんにちは、麟太郎です。 今や着用が当たり前となったピチピチの 『コンプレッションウェア』。 使っている人も多いと思います。 関連記事はコチラ↓ コンプレッションウェアの適正サイズの選び方とおすすめは? 僕も2005年頃にアメフトをやっていた友人の 影響でコンプレッションウェアを使うように なりましたので、かれこれ10年以上は...

リストストラップ メリット デメリット

リストストラップを使う3つのメリットとデメリット

こんにちは、麟太郎です。 前回、リストストラップの巻き方と 8の字リストストラップの紹介をしました。 僕の場合は単に見た目がなんか 玄人っぽくてカッコいいと思って リストストラップを使い始めたのですが…。(笑) 使ってみると想像以上に便利だと よくわかりました。 リストストラップには握力をサポート してくれるというメリットがあ...

8の字 リストストラップ 筋トレ

リストストラップの巻き方【超お勧めの8の字リストストラップ】

こんにちは、麟太郎です。 トレーニングをやっていると狙っている 筋肉に十分な刺激が入る前に、別の筋肉が 疲労してしまい、レップ数をこなせなかった なんていう経験があるのではないでしょうか? ベンチプレスやミリタリープレス時に 大胸筋や三角筋がへばる前に上腕三頭筋が 疲労してしまって、もう挙がらない…。 そんなケースですね。 同...

ワンダーコア 効果 ダイエット

ワンダーコアで筋トレ&ダイエット効果があるのか検証してみた

こんにちは、麟太郎です。 ワンダーコアって流通し出してかれこれ 3年くらいになりますよね。 それでも未だに売れているらしいですね。 剛力彩芽ちゃんや宇梶剛士さんのCMは 面白くて好きですけどね。 先日、子どもとスポーツショップに行った時 ワンダーコアが試せるゾーンがあったので 子どもと遊びながら色々と試してきました。 筋トレ経...

リフティングベルト 使い方 効果

筋トレの腰ベルトの正しい使い方と3つの効果を紹介

こんにちは、麟太郎です。 リフティングベルトやトレーニングベルトと 呼ばれている革製のごっついベルト。 皆さんはトレーニング中にあのベルトを使っていますか? ジムなどでは貸出用のリフティングベルトも あると思いますが、ほかの人が使った後は 汗でベタベタ…なんてことも多いかと思います。 それが嫌でベルトを使わずに腰を痛めた! な...

ドアジム1型 壁 取り付け

【自宅で懸垂】ドアジム1型を壁へ取り付ける方法やコツを解説 

こんにちは、麟太郎です。 自宅&自重でトレーニングをする場合 ネックになるのが背中のトレーニングだと思います。 家具を使った背中のトレーニングや 道具なしでできる背中のトレーニングも 可能ですが、できればやりたいですよね。 自重最強の背中の筋トレ『懸垂』を…。 公園へ行けば、鉄棒なり雲梯なりで懸垂することも可能です。 しかし、...

Return Top