筋トレでワークアウト!

アーカイブ : 自重トレーニング

トレーニングマット ジョイントマット

自宅での筋トレやエクササイズに!おすすめのジョイントマット

こんにちは、麟太郎です。 自宅で筋トレをする場合、フローリングや 畳が傷むことがちょっと気になりませんか? ダンベルやバーベルを直にフローリングや 畳の上に置くって抵抗がありますよね。 また、自重トレの場合もフローリングだと 逆立ち腕立てやプランシェの練習で失敗し 頭や顔から落下すると非常に痛いんです。 僕は最近、プランシェの...

ブリッジ・プッシュアップ

猫背姿勢の矯正やヒップアップに効果的なブリッジプッシュアップ

こんにちは、麟太郎です。 仰向けで行うプッシュアップをご存知でしょうか? プッシュアップ(腕立て伏せ)と言えば ・大胸筋 ・三角筋 ・上腕三頭筋 ・体幹 などを鍛えるうつ伏せで上肢を使って身体を 上下するエクササイズを想像すると思います。 この動作は身体前面の筋肉を鍛えることを 目的としたエクササイズです。 今回は身体の後面を...

ボックスジャンプのやり方

ジャンプ力も高める高強度の脚の自重トレ【ボックスジャンプ】

こんにちは、麟太郎です。 脚の自重トレといえば『スクワット』を 思い浮かべる人が多いと思います。 キング・オブ・エクササイズと言われる スクワットは非常に優秀な筋トレです。 ただ自重のスクワットとなると負荷が 低すぎる場合も多くなってきます。 そこで負荷を高めるためにいろいろと 工夫することが要求されます。 例えば片足でやるピ...

片手倒立 やり方

【片手倒立の練習】自重で肩を鍛える逆立ちタップのやり方とコツ

こんにちは、麟太郎です。 肩の自重トレネタが続いていますが 気にせずに今回も同じネタで行きます。 本来、片足立ちでバランスを取るのは それほど難しいことではありません。 といっても、社会人になり運動から離れると 片足立ちもままならない…という人も増えて 来るのが現実です。 足ですらこんな状況なんですから 『片手一本で逆立ちでバ...

逆立ち壁歩き

【肩の自重トレバリエーション】逆立ち壁歩きのやり方とコツ

こんにちは、麟太郎です。 先日、このブログで自重トレで三角筋を しっかり追い込む方法という内容の記事を アップしました。 関連記事はコチラ↓ ・自宅での自重トレで三角筋をしっかり追い込む方法 この記事で紹介したやり方は複数の 肩トレ種目を組み合わせて徐々に負荷を 下げて追い込むという方法でした。 その時には採用しませんでしたが...

バーピー バク宙

意味がない?ダイエットがてらバク宙バーピーに挑戦してみた!

こんにちは、ダイエット中の麟太郎です。 僕は自重トレをメインでトレーニングを やっているので日々、新しいメニューを 発見すべくネットサーフィンは欠かしません。(笑) 以前、外国人が投稿した動画でバーピーの 変形といえるエクササイズを見ました。 見たときは 『これは一体、何の為のトレーニング?』 と訝しげに思った記憶があります。...

自重 三角筋 トレーニング

自宅でできる三角筋の自重トレ種目や効果的なやり方【まとめ】

こんにちは、麟太郎です。 三角筋の自重トレってあまりメジャーでは ないですよね。 腕立て伏せや懸垂程、世に知られていない 感じがします。 三角筋が発達すると肩幅も広くなり 広背筋と共に大きい背中を演出してくれます。(笑) 僕は三角筋が発達しにくいので、色々と 試行錯誤したり、調べたりしながら自重で 三角筋をしっかりと鍛えるトレ...

自重トレ 肩 三角筋

【肩の筋トレ】自宅での自重トレで三角筋をしっかり追い込む方法

こんにちは、麟太郎です。 一般的に知られている自重トレメニューで 三角筋をターゲットとしたトレーニングは 少ないと思います。 逆立ち腕立てにしても、ある程度の筋力が 必要ですし、腕立て伏せや懸垂と比べると あまりやっている人を見かけませんよね。 個人的には大胸筋よりも三角筋が 発達している方がカッコいい身体に 見えると思ってい...

スーパースロートレーニング

自重スーパースロートレーニングのやり方とメリット・デメリット

こんにちは、麟太郎です。 自重トレをやっていると回数をこなすことが ルーティーンとなってくる傾向があります。 反動などを使うのはまだ良いのですが 回数をこなすこと自体が目的となり ネガティブ動作で力を抜いてしまうのは あまりよろしくありません。 というのも、筋肉の発達に必要である 筋肉が緊張下にある時間を自ら省いて しまってい...

プランシェ 肘伸ばす

プランシェで完全に肘を伸ばす感覚を養うおすすめのエクササイズ

こんにちわ、麟太郎です。 プランシェをする時は基本的に肘は 完全に伸ばした状態で行います。 僕はこの肘を伸ばす動作が苦手で、今でも ちょっと気を抜くと少し肘が曲がってしまいます。 肘を曲げることで三角筋にかかる非常に 大きな負荷を分散させることができるから ついつい楽な方に行ってしまうのだと思います。 僕の場合はプランシェの練...

Return Top