筋トレでワークアウト!

アーカイブ : 自重トレーニング

腕立て伏せ メニュー ドロップセット

大胸筋を鍛える腕立て伏せドロップセット法【初心者向け】

こんにちは、麟太郎です。 腕立て伏せと言えば自重トレの 代表的なエクササイズの一つですよね。 腕立て伏せはウエイトトレーニングの ベンチプレスに相当し、大胸筋を中心に 三角筋前部、上腕三頭筋等を鍛える種目になります。 ベンチプレスよりも体幹部をフラットに 維持するためのコアの強さも必要な エクササイズです。 今回は腕立て伏せを...

自重トレ マックス回数 増やす

懸垂や腕立てなど自重トレの回数を増やす2種類の方法

こんにちは、麟太郎です。 自重トレーニングを続けているけど なかなか回数が増えないなぁ…。という 悩みを持っている人も多いですよね。 そこで今回は自重トレのエクササイズで マックス回数を増やす2種類の方法を 紹介したいと思います。 これらの方法はある程度の時間 頑張り続けることが必要なので 正直、ハードな方法となります。 イン...

ヒューマンフラッグ 人間鯉のぼり 使う 筋肉

ヒューマンフラッグ【人間鯉のぼり】で使う筋肉はどこ?

こんにちは、麟太郎です。 ウエイトを使うコンベンショナルな筋トレは どこの筋肉を使うのか?という点に関しては 把握しやすいと思います。 例えばベンチプレスなら ・大胸筋 ・三角筋前部 ・上腕三頭筋 といった筋肉がメインとなりますよね。 しかし自重トレーニングにおける特定の 筋トレに関しては一体どこの筋肉を使って いるのかよく分...

チューブ 懸垂 補助

【懸垂&片手懸垂ができない人に】チューブ補助のやり方を解説

こんにちは、麟太郎です。 自重トレーニング最大のネックは 『負荷の調整がマシンほど細かくしにくい』 ことだと思います。 ウエイトスタック式マシンなんかはピンを 1本差し替えるだけで重量調節が可能です。 しかし自重トレも工夫次第である程度の 負荷調整は可能です。 また運動の特異性という側面から考えても 懸垂ができるようになりたい...

倒立バー プッシュアップバー

プッシュアップバーよりも倒立バーがお勧めな3つの理由

こんにちは、麟太郎です。 今まで僕はプッシュアップバーを使って 逆立ち腕立て、逆立ちでの静止などの 練習をやっていました。 最近、全国大会に出場した経験のある 元体操部の子に筋トレに応用できる 体操の練習を教えてもらっています。 その子曰く、プッシュアップバーよりも 絶対に倒立バーを使ったほうが良いと 聞いたので、早速倒立バー...

マーティン・バークハンの筋力レベルの指標

自分の筋力レベルはどの程度?【初心者・中級者・上級者】

こんにちは、麟太郎です。 筋トレをやっていると時々 『今、俺ってどのくらいのレベルだろう?』 と気になることってありませんか? ベンチプレスで何kg挙げたら上級者とか そう言った目安があれば嬉しいですよね。 ただ、体重130㎏の人が100㎏のベンチを 挙げるのと、体重60㎏の人が同じベンチ 100㎏を挙げるのとは大きく違います...

加重懸垂 効果

加重懸垂を始める目安と効果【注意すべき3つのポイント】

こんにちは、麟太郎です。 懸垂はキツい運動です。 ジムでも懸垂よりもラットプルダウンの方が 人気がありますよね。 まあ、せっかくジムに行くのだからマシンを 使いたいという面もあると思うのですが 懸垂がキツいからラットプルダウンで… っていう理由も多いと思います。 僕も今でこそ、好んで懸垂をしていますが 以前はラットプルダウンの...

リュック 加重 懸垂

加重懸垂やディップスを不要なリュックで安定してやる方法

こんにちは、麟太郎です。 自重トレーニングは多くのバリエーションや 負荷を変える方法が存在します。 でもやっぱり基本的な種目でしっかりと 筋肉に刺激を入れたい…。 そんな時もありますよね。 引っ越し前まで持っていた加重ベルトが 紛失してしまったので最近はリフティング ベルトにカラビナ&チェーンでプレートを 付けて加重...

チンアップ プルアップ 違い

【順手or逆手懸垂】チンアップとプルアップで効果に違いは?

こんにちは、麟太郎です。 自重トレーニングのビッグ3である懸垂。 このブログでもいくつか紹介してきましたが 懸垂にはとても多くのバリエーションがあります。 関連記事はコチラ↓ ・自重で逆三角形の背中をつくる筋トレメニューの組み方と3つの例 ・【懸垂の中級バリエーション】アラウンド・ザ・ワールド ・背中と上腕二頭筋を鍛える懸垂バ...

公園 背中トレーニング

自重で逆三角形の背中をつくる筋トレメニューの組み方と3つの例

こんにちは、麟太郎です。 筋トレをやり始めた人の多くが陥る罠。 それは体の前面、つまり自分で見える範囲を 重点的に鍛えすぎるという事です。 僕もその傾向がありましたね。 背中は意識しにくいし、自分で見えないので ついつい後回しにしたり、手を抜きがちに なってしまいます。 そこで今回は自重トレーニングで逆三角形の カッコいい背中...

Return Top